継職法要2




音楽法要の導師に元本願寺会行司の
     今小路 覚真師


 一日目の音楽法要には京都の本願寺での法要を取り仕切る会奉行を
されていた今小路覚真師をご導師としてお招きいたします。
お勤めする音楽法要は、5年前の親鸞聖人750回忌の際に、今小路師が
作成されたものです。
その美しい旋律に乗せた音楽法要が、光禅寺で再現されます。師の調声
にて響き渡る壮大な法要になります。
 一度聴けば、法要のイメージが大きく変わることでしょう。
ぜひ皆様とお勤めできることを心待ちにしています。

継職法要とは

 このたび光禅寺では星月空第二〇代住職が退任し、
星月光生第二十一代住職が就任いたしました。
継職法要とは浄土真宗のみ教えを次代に継承することを阿弥陀如来と
親鸞聖人の御前に奉告するとともに、光禅寺のご門徒様や有縁のお寺様の
前にて披露することです。
そしてこの法要を機縁として、お念仏のみ教えが広く伝わることを願い、一人
でも多くの方に参拝していただきたいと願っています。
当山の歴史が始まって以来一二八〇年もの間、多くの皆様によって護られて
きたこの光禅寺を受け継ぎ、次の世代に伝えていくのは、今ここに在る私たち
の責務でもあります。




次ページへ

トップ