ごあいさつ


第二十一代住職

 科学技術の発達により、便利で豊かな生活になった反面、核家族化・人口の流動化などによって社会構造は大きく変化し、人間関係は希薄となり、新たな悩みや不安を抱える世の中になってまいりました。
 こんな時代だからこそ宗教とお寺の存在意義が問われ、世の中で再び注目され始めています。
 光禅寺におきましても凡愚のまま、摂め取って捨てないとはたらき続けていてくださる阿弥陀如来のお慈悲を問信させていただき、その有難さ尊さを一人でも多くの方に伝え、施設の充実も計りながら、皆様の「心のよりどころ」となれるようなお寺にしていきたいと考えております。


トップ