中陰


七日七日のお参り

  亡くなった日をいれて、七日目を初七日といいます。
以降、二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七
日(満中陰・四十九日)と七日毎に法事を勤めます。満中陰(四十九日)の後は百か日を勤めます。
 なお、最近ではお葬式の後に初七日をされる方がお
られますが、本来は、初七日の日にお勤めしましょう。


満中陰(四十九日)

   亡くなった日から四十九日目のことを満中陰といい
ます。
  亡き故人を偲び、お念仏と出遇いを大切にしましょ
う。
 仏様とのご縁をいただいたことに感謝し、お念仏を喜
び、ご仏縁を深めましょう。
 浄土真宗では、この法要を追善供養とはいたしませ
ん。




戻る

トップ